Makotolove0528's Blog


サッカー、ゴルフ、PCゲーム、海外旅行など
by makotolove0528
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外のリンク
最新のトラックバック
tag heuer an..
from tag heuer and ..
weezer say i..
from weezer say it ..
domain
from domain
sibling rela..
from sibling relati..
methadone ov..
from methadone over..
australian e..
from australian emb..
domain
from domain
everpure rep..
from everpure repla..
miami vice m..
from miami vice movie
pct
from pct
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

『ローレライ』 と 『亡国のイージス』

今年、福井晴敏氏原作の映画が2本公開されます。
『ローレライ』3月5日公開 と 『亡国のイージス』今年夏公開 だ。

亡国のイージスの映画化を先に知っていたので、先日その小説を読み終えたばかり。はっきり言って面白い。数々のどんでん返しがあり、楽しめる小説だった。出血多量で一時意識消失した兵士が、またふらふらと立ち上がって活躍するのは、ちょっとやりすぎだろう。おまえはサイボーグか、ターミネーターか?(笑) でもそれ以外は、話の展開もはやく、人間模様も複雑に絡み合って、面白かったです。

で次に、その福井晴敏氏のデビュー作である『トゥエルブY.O.』を今読んでいるところで、もうすぐ読み終わるが、こちらも第44回江戸川乱歩賞受賞作だけあって、なかなか楽しく読ましてもらっている。

そうこうしているうちに、3月5日には映画『ローレライ』が公開される。こちらは映画化を前提として小説が書かれたようで、小説『終戦のローレライ』は、やっと発売されたばかりで、これから読もうと思っている。でも先に映画を見ちゃうかもしれない。

さて、こうたてつづきに福井晴敏氏の作品に接していると、どれも面白いのだが、話がこんがらがってきた。特に『トゥエルブY.O.』と『亡国のイージス』はどちらも自衛隊とその特殊機関であるダイスが登場し、在日米軍やCIAなども複雑に絡んでくる。仙石先任伍長と平曹長ってなんかイメージがだぶってきた。そういえば如月行とウルマも、僕の中のイメージは似ているのだが。

いずれにしても久しぶりに邦画で見てみたいと思う映画の登場なのである。小説と映画は少し違う作品になるでしょう。1000ページ以上ある小説を2時間の映画では表現しきれないわけで、それぞれを楽しめればいいだろう。どんな映画なのか楽しみにしている。
[PR]

by makotolove0528 | 2005-02-26 01:35
<< 中部国際空港セントレア 最終予選 第1戦 日本対北朝鮮 >>