Makotolove0528's Blog


サッカー、ゴルフ、PCゲーム、海外旅行など
by makotolove0528
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外のリンク
最新のトラックバック
tag heuer an..
from tag heuer and ..
weezer say i..
from weezer say it ..
domain
from domain
sibling rela..
from sibling relati..
methadone ov..
from methadone over..
australian e..
from australian emb..
domain
from domain
everpure rep..
from everpure repla..
miami vice m..
from miami vice movie
pct
from pct
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:サッカー( 56 )


オシムの気持ち

次期日本代表の監督には、オシム監督でほぼ決定したようだ。
川渕キャプテンの、うっかり発言などや、ジーコ日本の反省を十分しつくしていないなど
問題はありますが、まずはオシム監督については、納得できるところでしょう。

ただ、千葉の監督であるオシムを日本代表の監督にすることについて、
色々な立場の方(特にジェフ千葉ファンの方)の意見(批判)を多く拝見しますが、
では、オシム監督自身の気持ちは、どうだったのでしょうか?

彼は、自分からは売り込まなかったが、代表の監督に誘われたら、そろそろやってみたいと思っていたのではないでしょうか?
ユーゴの監督時代のような民族対立に気をもむ必要のない国で、もう一度代表監督になりたいと、思っていたのではないでしょうか?

オシムの性格を推察するに、イングランドやブラジルなどの優勝を使命とされるような強豪国の監督には、なりたくないでしょう。
ちょうど日本のような、世界から見れば弱小だけれども、W杯にでられる可能性のある国が、一番オシムにとっての希望する国だと思われます。

また、東京オリンピック以来の親日家であり、千葉の監督をやってみて、
日本人の良い点、悪い点をある程度把握できたことも、日本代表の監督として
やっていけるという自信になっていると思われます。

決して千葉の監督業に飽きたというわけではないと思いますが、
もう4年もやってきて、ナビスコカップのタイトルもとったし、
一つの区切りはできたと考えても、不思議ではありません。

この先千葉で監督を続けるよりも、日本代表の監督として、新しい冒険に
チャレンジしたいと、思ったのではないでしょうか?

おそらく、オシムにとっては、これが代表監督になるラストチャンスだと思われます。
もしここで断れば、この先代表監督として招かれるチャンスはないと考え、受ける決断をしたのではないでしょうか。

そして今回のW杯でも、もし自分が監督だったら、日本をもっと活躍させることが
できたのに、残念だという気持ちが、あったのではないでしょうか。

私は、今回のW杯もジーコでなくオシムだったらと、何回も悔しい思いをしました。
オシムには、日本代表の監督として、もう一花咲かせてもらいましょう!
[PR]

by makotolove0528 | 2006-07-05 01:39 | サッカー

ブラジル戦を終えて(日本代表のW杯総括)

ブラジル戦が終わって、日本のW杯は終わった。
なんかこうすっきりしない気持ちばかりが、ドヨーンと残った。何故か?

それは、やはり今更ながら、日本代表がベストな状態で負けたわけではなく、
力を出し切らずに負けた、という印象があるからだと、思った。

まず、コンディショニングに失敗した。1対1で弱い日本は、守備の時も攻撃の時も
数的有利を作らねばならない、そのためには選手一人一人の運動量は、相手選手よりも
多くなければならない。それなのに、いくら暑いからとはいえ、終盤になるとオーストラリアや
クロアチア以上に体力を消耗していた。
中村俊介は、風邪をこじらせ、発熱のため点滴を何本も打ったという。そんな選手をフルに使わなければいけないのか? 負けているときに、短時間限定で使うようにする方が、良いのではないか。

そもそも、Jビレッジで連日公開練習をし、落ち着いて練習ができなかった。何万人ものファンの前で練習するのは、疲れるものだ。走り込みなどの負荷をかけるのは良いが、十分な休養がないまま練習試合をやり、疲労が蓄積していたのではないか。そして、本番前のドイツ戦にピークを持ってきてしまったのではないか。少なくとも高原はそうだった。

次に、これは個人の好みもあるだろうが、日本代表はベストメンバーではなかったということ。
まず、ディフェンダーでは、松田、トゥーリオなどを選ぶべきだった。MFではボランチに今野のような汗かきタイプが必要だと思う。ジーコは、鹿島の選手を優遇しすぎだ。柳沢や中田浩二が、所属クラブで、どんな活躍をしたのか? 広島の佐藤が、何故選ばれない?

そしてバックアップメンバーも必要ないと、連れて行かなかった。田中誠を日本へ返したのが良かったのか。少なくともハワイで遊んでいた茂庭を連れて行っても、なんの役にも立たなかった。不測の事態に対する、危機管理能力があまりにも欠如している。

最後に、日本選手のメンタルの弱さには、がっかりだ。川口、中田英などを除くと、気持ちが前に出ている選手は、見あたらない。(巻はブラジル戦では、よくボールを追いかけていたかな。)

このままでは、次回W杯どころか、アジアカップでも惨敗しかねない。次期監督は、川渕の鶴の一言ではなく、慎重な議論を重ねた上で、選出してもらいたい。
[PR]

by makotolove0528 | 2006-06-24 16:58 | サッカー

クロアチア戦

ドローという結果は、試合内容からして、まあ順当なところだと思われる。しかしなんとしても勝ちたかったし、勝てた試合であったと思う。

では、日本に決定機が何回もあったかというと、ほとんどなかったのだが、ただ一度だけ絶対に決めなければならない場面があった。加地からの高速クロスを、柳沢がはずした場面だ。あれは、絶対に決めなければいけない場面だ。

何故右からのクロスに、右足のアウトサイドで合わせようとするのか? インサイドキックで、落ち着いて決めればいいのに。フリーだったしね。W杯の試合では、あんな決定期は1試合に1回か、2回しかない。それを決める国が勝つし、決めれなければ負ける。

今日は、宮本の不用意なファールからPKを与え、負けゲームだったが、川口のスーパーセーブで、生き返ったのだ。だから是が非でも柳沢には決めてほしかった。

守備に関しては、4バックは左サイドを心配していたのだが、サントスもそれなりに頑張った。みんな疲労しながらも、最後まで何とか頑張って走った。拍手を送りたい。ただ、次のブラジル戦までに、疲れをとって、コンディションを整えてもらいたい。そして世紀のアップセットをねらうのだ。頑張れ日本!

最後に、今日のジーコの采配は、納得のいくものだった。後半から福西を下げたのは、打撲のせいで、切れがなくなっていたからだし、勝ちに行くために、疲れていたFWを変えたのも良かった。
アシキー、今日のジーコはよかった。オブリガード。

フォルツァ・ズィッコ・ジャパオン!
[PR]

by makotolove0528 | 2006-06-19 01:19 | サッカー

日本がんばれ

さて、今日は運命のクロアチア戦。内容はともかく、とにかくクロアチアに勝ってくれ!
戦う姿勢を見せてくれ、日本代表! 

イケイケで守備が薄くなり、クロアチアにカウンター食らわない様に気をつけろ!

試合が終わるまで、最後まで気を抜くことなく、諦めることなく、走る続ければ、勝利の女神が微笑むかもしれない。

とにかく精神的にタフな試合を見せてくれ!

気合だ、気合だ、気合だ! アニマル浜口ばりの応援するから、絶対に勝ってくれー!

日本、チャ、チャ、チャ! 日本、チャ、チャ、チャ! (血管切れるかな?)
[PR]

by makotolove0528 | 2006-06-18 10:07 | サッカー

アルゼンチン 6 : 0 セルビア・モンテネグロ

いやー、アルゼンチン強い、速い、上手い、すごい!
ワンタッチパスの嵐、ワン、ツー、スリー、フォー、おいおいって感じで、つながるつながる。
しかもペナルティーエリアの中でも、どんどんつながり、最後はゴール。手がつけられません。

後半少しだれたところで、でてきた18歳のメッシは特にすごかった。いきなりの1ゴール、1アシスト。あのマラドーナも大興奮でした。
久々に鳥肌が立ちました。スーパースター誕生の歴史的瞬間を見たのかもしれない。
メッシは、ワールドユースの時も切れ切れだったけど、今日もすごかったです。

それにしても、W杯予選でわずか1失点のセルビア・モンテネグロを粉砕したのだから、恐るべしアルゼンチン。セルビア・モンテネグロは、5月にモンテネグロが独立を決めたばかり。次回からはセルビアとモンテネグロに別れることになる。有終の美を飾ってほしいと思っていたが、これで1次リーグでの敗退が決定した。ストイコビッチ(ピクシー)が、泣いているだろうなあ。

今日のアルゼンチンだったら、ブラジルよりも強い感じだ。相手があることなので、単純な比較はできないが、でも正直言って、日本はアルゼンチンと別の組で良かった。ブラジルの方がまだマシだと、思えるくらい強かった。
[PR]

by makotolove0528 | 2006-06-17 01:29 | サッカー

オーストラリア戦

急に暑くなった天候は、日本に有利だと言われていた。しかし実際は、オーストラリアの選手以上に、日本の選手にダメージを与えたようだ。後半には中村俊介はよれよれだったし、坪井は足を痙攣させる始末だ。

しかし日本は、前半はひどいできだったにもかかわらず、審判がキーパーに対する反則を見逃したために、1点をプレゼントされた。これで日本に有利になると思われたが、それはほんの一時のことだった。エジプト人の主審は、試合中からこのミスに気がつき、何とか埋め合わせをすべく、やや日本に辛い笛を吹くことになる。駒野がペナルティーエリアで倒されたシーンは、本来ならPKだが、埋め合わせのために流されたのだ。

別にこれが原因で負けたわけではないが、日本にとっての理想は、前半はゼロゼロのままで行き、後半40分くらいに点を取り、そのまま逃げ切るというものだ。客観的に見て、日本選手よりオーストラリア選手の方が、レベルが高いのは明らかで、今後このやっかいな相手が、AFC所属となることは、大変な脅威である。

イラン、日本とアジア勢は負け続け、このままでは2006年W杯のアジア域は、減らされかねない。韓国など大嫌いだが、今夜のトーゴ戦には、勝ってもらうしかない。そうしないと、韓国も3戦全敗ということにもなりかねないし、そうなるとアジア域はますます狭くなる。

日本は、現在の中田英、中村といった世代の次の世代が育っていない。今野や阿部、平山、トゥーリオといったところが、次の世代だが、彼らには世界との戦いが不足している。アジアを突破するのも厳しいだろう。

話がかなりそれているように思えるかもしれないが、そうなったのはジーコ監督が選手を固定し、若い選手を入れなかったことに他ならない。つまりジーコの責任は、単に現代表をだめにしただけにとどまらず、次の世代もつぶしてしまったことにある。

オーストラリア戦のジーコの采配は、最悪だった。坪井交替のせいで、残りは2人になったが、なぜ小野を柳沢と交代で入れるか! ワントップは、今までもろくな事にはなっていない。高さ対策も含めて巻を入れるか、スピード系で玉田や大黒を入れるのが常道。小野は中途半端に前へ行き、ただでさえ負担の多い福西にさらに負担をかけた。前半からのボディーブローが効いてきたのか、守備陣はずるずると後退し、ペナルティーエリアの付近でFKを与えてしまう。

川口が2度、3度とスーパーセーブで防いだが、点を取られるのも時間の問題だった。1点目は、川口の不用意な飛び出しだったが、それまでのことを考えるとあまり責める気にはならない。むしろその後にジーコが途中出場した茂庭を下げたりして、いじるものだから、守備陣が落ち着かないうちに、失点してしまった。そこにも問題があった。

同点にされてからも、攻めるのか、勝ち点1を守るのか、はっきりした意思統一が見られない。こんなチームが勝てる程、W杯本番は甘いものじゃない。
試合後の呆然とした宮本や、顔面蒼白の川渕キャプテンのインタビューを見るにつけ、ショックの大きさがわかるというものだが、早く忘れて次のクロアチア戦に備えてほしいものだ。そうしないと、前回サウジがドイツに8-0だったかの大敗したのと、同じくらいの恥さらしをしかねない。

最後に、川渕キャプテンにも、当然責任をとって辞めてもらい、次期監督は、鶴の一言で決めるのではなく、協会の総意で決めてほしいものだ。川渕キャプテンの功績は認めるが、そうしないと日本は暗黒の時代に突入するであろう。いや、もう突入しているかもしれない。
[PR]

by makotolove0528 | 2006-06-13 22:41 | サッカー

ドイツ戦

親善試合としては、良い結果だったのではないでしょうか。

何よりもショートダイレクトパスをつないで、オフサイドトラップを破った攻撃は、十分に日本のパスワークが、強豪国にも通用したという点で、良かったですね。勿論、高原が切れていたことにも大満足です。

そしてこのまま勝ってしまうよりも、課題を見つけることができた点も、評価できるでしょう。単純な高さ対策と言うよりも、セットプレーでの高さ対策が必要です。ヒディングは、日本戦で負けていたら、後半にケネディという長身フォワードを入れて、パワープレーでくるでしょうね。

DFの田中が帰国し、比較的背の高い茂庭が招集されたのは、吉と出るのか? しかし、逃げ切りを計るのなら、FWに巻を入れて、セットプレー時だけでも、相手長身フォワードのマークにつけるのが良いと思うのですが、どんなものでしょうか。この際、なぜトゥーリオを選ばなかったとは言いたくないけど、やはり高さ対策は非常に重要ですね。

怪我で退場した加地は、大丈夫だろうか、心配だが、急遽出場した駒野が活躍したので、ひと安心。これ以上の怪我人が出ないことを祈る。

それにしてもドイツ。あれじゃ、優勝なんてとても無理だね。前回W杯の韓国のように、審判を買収でもしない限り、決勝トーナメント1回戦で、アウフ・ビーダーゼン!。
[PR]

by makotolove0528 | 2006-06-01 00:42 | サッカー

チャンピオンズリーグ決勝

バルサ対ガナーズの試合、なかなか見応えありました。

ロナウジーニョは、FKやシュートが枠をとらえず、おそらく今日のショッツ・オン・ゴールはゼロ。でも前を向かせたら、あのドリブルは、止められない。鉄壁のアーセナル守備陣が、かなりつぶしていたけど、日本の守備陣だったら、なんて考えるのはよそう(爆)。

それにしても、今日一番の切れ切れだったのは、アンリだね。切り返してから、シュートまでの早さは、超一流。それに比べ、日本のFW陣は、、、イカンイカン、どうしても頭はW杯モードになってしまう。

しかし、バルセロナの得点は皆、左右の角度のない位置から、狭いニアサイドやGKの股間を抜いたもの。日本のFWにも見習ってもらいたいものだ。パスばっかりしてどうする、Yanagi!

それにしても、スタッド・ドゥ・フランスの雰囲気は良かったね。赤青と黄に塗り分けられたゴール裏、小雨に濡れたピッチは、青々としていた。スリッピーなグラウンドでも、少し前の日本の選手のように、転倒する選手は皆無だったのが、流石というか、少し悔しかったりする。

両チーム、すばらしい戦いを見せてくれました。そしてこんな怪物たちが待ちかまえているW杯で、日本の選手はどこまで通用するのか。楽しみでもあるが、怖いというのが、正直なところ。
[PR]

by makotolove0528 | 2006-05-18 21:22 | サッカー

代表23名発表

5月15日午後2時から、日本代表が、ジーコ監督自ら名前を読み上げて、発表された。

GK、DFは順当。MFにきてFukuni-shi、Inamo-to、Nakata-Hide、Ohno?
オーノって誰?、すぐに小野とわかりホッとするも、Ogasawa-ra、Endou、Nakamu-ra。

次にTakaha-ra、って呼ばれたときMFは終わったとわかった。ル・マンの松井は選ばれなかったのだ、残念。
そしてFWが次々と呼ばれた。Ohgu-ro、Yanagisa-wa、Tama-da、Maki!
記者会見場がどよめく、オー!!!

久保がはずれ、巻をジーコが選んだ。数々の報道から、ジーコは久保と心中すると思っていたので、ちょっとビックリ。でも自分的には、すごく自然なことだ、納得。
あれだけ動けない久保を使う手はない。久保がいなくなると、やはり高さがなくなるので、佐藤より巻ということになったのだろう。ジーコは頑固だが、硬直した考えは持っていないのだとわかり、少しホッとした。

ただ私的には、なんとしても松井を入れてほしかった。あのトリッキーなドリブルやパスは、ジョーカーとして十分通用するはずなのに。では松井を入れた場合、誰をはずすかは難しいが、やはりコンディションが不明な柳沢かな。

6月11日の午後3時までは、怪我の場合の入れ替えが可能なので、柳沢の回復が順調と報道されているが、もし間に合わないのなら、松井を入れてほしいのだけれど。
ちょっと未練がましいかな。お願いしますよ、ジーコさん!
[PR]

by makotolove0528 | 2006-05-16 00:20 | サッカー

スコットランド戦

試合内用は、ブルガリア戦に比べれば、明らかに良くなっていたね。

でも、3チームリーグ戦のキリンカップ優勝をねらうためには、
日本は3点差以上で勝たなければいけない状況だった。

対するスコットランドは、引き分けでも優勝できる状況で、
しかも日本が中3日の休みがあったのに、スコットランドは
中1日しかなかった。
またヨーロッパから半日かけてやってきて、疲れも時差ボケもある
状態であったのだ。

さらに言うなら、ブルガリアもスコットランドもW杯には出場できなかった
わけで、そんなチームに対して勝ちきれない日本は、
決して褒められるべきではない。でも今日はよくがんばったかな。

それよりも中沢の怪我が、たいしたこと無ければ良いのだけれど。

選手については、久保はメンバーに入れるべきなのだろうか?
個人的にはかなり疑問ですね。ずーとこのままの状態で、
はたしてW杯に間に合うのか? 
今のままなら巻を入れてほしい、と思うのは私だけ???

もう少し体を張って動けなければ、使い物にならないよね。
しっかりしてよ、久保君!
[PR]

by makotolove0528 | 2006-05-13 22:52 | サッカー