Makotolove0528's Blog


サッカー、ゴルフ、PCゲーム、海外旅行など
by makotolove0528
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
エキサイト外のリンク
最新のトラックバック
tag heuer an..
from tag heuer and ..
weezer say i..
from weezer say it ..
domain
from domain
sibling rela..
from sibling relati..
methadone ov..
from methadone over..
australian e..
from australian emb..
domain
from domain
everpure rep..
from everpure repla..
miami vice m..
from miami vice movie
pct
from pct
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


『ローレライ』 と 『亡国のイージス』

今年、福井晴敏氏原作の映画が2本公開されます。
『ローレライ』3月5日公開 と 『亡国のイージス』今年夏公開 だ。

亡国のイージスの映画化を先に知っていたので、先日その小説を読み終えたばかり。はっきり言って面白い。数々のどんでん返しがあり、楽しめる小説だった。出血多量で一時意識消失した兵士が、またふらふらと立ち上がって活躍するのは、ちょっとやりすぎだろう。おまえはサイボーグか、ターミネーターか?(笑) でもそれ以外は、話の展開もはやく、人間模様も複雑に絡み合って、面白かったです。

で次に、その福井晴敏氏のデビュー作である『トゥエルブY.O.』を今読んでいるところで、もうすぐ読み終わるが、こちらも第44回江戸川乱歩賞受賞作だけあって、なかなか楽しく読ましてもらっている。

そうこうしているうちに、3月5日には映画『ローレライ』が公開される。こちらは映画化を前提として小説が書かれたようで、小説『終戦のローレライ』は、やっと発売されたばかりで、これから読もうと思っている。でも先に映画を見ちゃうかもしれない。

さて、こうたてつづきに福井晴敏氏の作品に接していると、どれも面白いのだが、話がこんがらがってきた。特に『トゥエルブY.O.』と『亡国のイージス』はどちらも自衛隊とその特殊機関であるダイスが登場し、在日米軍やCIAなども複雑に絡んでくる。仙石先任伍長と平曹長ってなんかイメージがだぶってきた。そういえば如月行とウルマも、僕の中のイメージは似ているのだが。

いずれにしても久しぶりに邦画で見てみたいと思う映画の登場なのである。小説と映画は少し違う作品になるでしょう。1000ページ以上ある小説を2時間の映画では表現しきれないわけで、それぞれを楽しめればいいだろう。どんな映画なのか楽しみにしている。
[PR]

by makotolove0528 | 2005-02-26 01:35

最終予選 第1戦 日本対北朝鮮

もはやラッキーだけではないのだろう。日本代表のこの勝負強さは。

まさに一次予選オマーン戦のビデオを見ているようだった。勿論0-0ではなく、1-1ではあったけど、絶対勝たなくてはいけないホームの初戦で、同点で迎えたロスタイム。ペナルティーエリア内のゴールほぼ正面で放たれたシュートは、決して豪快ではないがグラウンダーの泥臭いシュートだった。ゴールを決めた久保と大黒はどちらも途中出場のフォワードだ。あまりTVのコピーを使いたくはないのだが、絶対に勝たなくてはならない状況で、勝ちにいって結果を出す。世界レベルでどうかと言われれば、まだまだ足りないところはいっぱいあるが、アジアでは、日本は強くなったのだろう。決して胸のすくような勝ち方ではない。しかし一昔前の日本なら逆にロスタイムに失点して負けていた。そして翌日の新聞には「日本惜敗」の文字がむなしく載っていたものだ。

確かに不満はいっぱいある。選手の動きに堅さが見られ、点を取られる前の時間帯は、守備のアプローチが遅く後手後手にまわっていた。特にボールホルダーに対する寄せが緩慢で、ワンタッチ、ツータッチでパスを通され、翻弄されていた。北朝鮮相手にだ。これが平壌のゲームだったらと思うと、ぞっとする。

でもそんな心配をさせてくれるおかげで、浮かれることなく勝っても引き締まった状態で次の試合を迎えられるのは、ある意味非常に良いことだ。フランスワールドカップ最終予選の時は、ホーム初戦のウズベキスタン戦で大勝してしまい、浮ついた気持ちでUAEに出向き勝てた試合を引き分け、さらに国立で韓国に逆転負けしてしまった。むしろこんなことで大丈夫かと思うくらいでちょうど良いのかもしれない。

とにかくW杯の予選では、結果が全てだ。勝てば官軍、勝ち点3。これ以上の結果はない。
さて次のテヘランでのイラン戦。サントスと田中がイエロー累積で出場できない。どうするジーコ、お手並み拝見。それに今度は中4日で移動ありの連戦だ。テヘランから戻ってすぐにバーレーンとのホーム。バーレーンは北朝鮮、日本の順に対戦なので、ホームなのに時差ぼけは日本の方にありそうだ。どうなるんでしょうね。どきどきわくわく。これだからサッカー観戦は止められない。でも歳をとったら心臓発作おこしそうで怖いよ、本当に。
[PR]

by makotolove0528 | 2005-02-09 22:57 | サッカー

大雪

b0052118_22543793.jpg2月1日夜から2日朝にかけて、北陸地方や私の住んでいる岐阜県中濃地方は大雪警報が出され、一面銀世界になりました。夜中の12時頃にカーポートの屋根の雪下ろしをしたのに、朝にはまたさらに積もってしまいました。おかげで雪掻き、雪下ろしにと大忙しでした。普段使わない筋肉を使ったが、それほど筋肉痛にもならなかったのは、散歩のおかげか? それとも3日後ぐらいに筋肉痛になるのか、、、

[PR]

by makotolove0528 | 2005-02-03 22:59